マーシャとFROSAのノート

スピリチュアルとかオカルトとか心理とか雑談とか

人のオーラの色①「赤、青、黄色、緑」

こんにちは、眠り姫マーシャです。

 

別の記事で、「エンパスの人は、人のオーラを感じる」といった事を書きましたが…

 

私も、わりとそういったものを感じるんですよね。

 

もちろん、オーラの色には、ちゃんと意味があります。

 

一般的な色のイメージや、私が感じる事をまとめていこうと思います。

 

赤のオーラ

 

赤は「情熱」の色として有名ですね。

やる気やエネルギーが満ち満ちていて、フルパワーで「やってやるぞ!」といった感じ。

ですが、私が今まで赤を感じた人の事を思い出すと、あまりいい印象はありません…orz

赤が強く出ている人には、攻撃的な印象があります。

「怒りっぽい」「敵意むき出し」「いじめっこタイプ」

そんな感じがします。

有り余るエネルギーが、「怒り」として出てしまい、コントロールができない人達なのかもしれません。

この人達はとてもしぶといので、学校や職場を辞めずに生き残りますが、周りをどう思い、どう思われているかは、あまり考えたくありませんね(苦笑)

 

青のオーラ

 

一般的には「知的」で「クール」なイメージ。

学校の制服も青(紺?)が多いですよね。

気分が落ち込む事を「ブルーになる」なんて言ったりもします。

それだけおとなしいイメージが強いんですね。

ですが、私は青のオーラの人をおとなしい人だと思った事はありません。

私個人のイメージは、「中性的」もしくは「子供っぽい」

ただ、私がいままで見てきた青の人は、黄色も兼ね備えていたため、その影響が大きいと思われます。

実際には頭がいいのだけれど、その性格(性質?)で目立たない、といった感じでしょうか。

 

黄色のオーラ

 

「楽しい」「明るい」「ユーモアがある」といったイメージのある色ですね。

昔の漫才コンビの方達は、なんとなく黄色の衣装or蝶ネクタイをしているような偏見があります(笑)

このオーラの人達は、「なんだかんだで人生楽しんでる」ような印象ですね。

黄色単色の人にはまだあった事がありませんが、こういった人達は本当に生きていて楽しそうなので、見ていてついほっこりしてしまいます。

 

緑のオーラ

 

日本では「癒しの色」として有名ですね。

森林浴に行くと心が洗われる感じがするーなんて言う人、よくいますね。

海外では「嫉妬」や「毒」を意味するそうです。

緑色の瞳の女性は嫉妬深いキャラクター、緑のビンに液体が入っていたら毒ではないのかと恐れる、らしいですよ。

日本のゲームなんかでは回復薬なのに(笑)

私が見た緑のオーラの人の印象は、「見た目からは想像できない、変わった趣味嗜好を持っている」ですね。

普通に話しているとマトモなのに、実はアブノーマルな性癖を持っていた!とか、とんでもない偏食だった!とか…

「平和」や「調和」を意味する色でもあるので、円満に生活するためにそれを隠して生きているのかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

今回は、基本の4色の紹介でした。

そのうち、オーラの色に対するイメージが変わってきたら、改めて紹介しようかなと思います。

 

読んでくださった方、ありがとうございました!